• ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報

はる歯科クリニック

  • 046-855-0826
  • ホーム
  • はる歯科について
  • クリニックのご案内
  • 院内設備
  • スタッフのご紹介
  • アクセス
  • 採用情報
    • 診療科目
    • 予防歯科
    • 小児歯科
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 矯正歯科
    • MRC矯正
    • 歯周病治療
    • ホワイトニング
    • 歯のクリーニング
  • 保育士のいるキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • 患者さまの声
  • プライバシーポリシー

はる歯科クリニック

電話予約

小児歯科

小児歯科

大見出しが入ります。

大見出しが入ります。

乳歯はとても大切な歯です。いずれ生え変わるからといって、そのままにしてはいけません。お子様の成長やその後生えて来る永久歯にも色々な影響がでてしまうからです。
治療は、歯磨きの練習と食事指導を行い口の中の環境が変わってから行います。

乳歯に虫歯があると…

乳歯に虫歯があると…

  • しっかりと噛む事ができずにお子様の成長を阻害してしまいます。また、噛めない事により成長に大切な野菜や肉などが嫌いになり、炭水化物を好むようになります。柔らかい食事は顎の成長も悪くなり、永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。
  • 虫歯であいた穴の分だけ隣の歯が寄って来てしまい、永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。
  • 虫歯が大きくなり、根に膿みがたまったままになると、その下から生えて来る永久歯の形や色が悪くなってしまします。
  • 前歯に虫歯ができて黒くなっていたり、穴があいている事をお子様自身がはずかしく思い、口を開けて笑えなくなってしまう子もいます。
  • 虫歯が増えれば、口臭もしますし、発音も悪くなる事があります。

※乳歯は永久歯に比べ小さくやわらかいので虫歯になりやすく、又、進行もしやすいため
定期的に検診をする事が大切です。

乳児の虫歯の治療

乳児の虫歯の治療

大見出しが入ります。

削らずに歯磨きの仕方の練習をし、フッ素などの予防処置をします。

大見出しが入ります。

虫歯を取り詰め物をし、歯の形に治し見た目と咬み合わせを調整します。詰め物はほとんどの場合、白い詰め物(プラスチック樹脂)を使用しますのでとてもキレイです。

大見出しが入ります。

虫歯で汚染された神経や根の中の汚れを取り、何度かお薬で消毒します。最終的に根がキレイになったら白い詰め物をし歯の形に治し噛めるようにします。

泣いたり暴れたりしてしまうお子様

初期虫歯でない限り、虫歯は自然に治る事はありません。特に乳歯は進行も早く歯が小さいため神経まで進行してしまう事も少なくありません。出来る限り早く治療する必要があると考えています。未修学児のお子様では、上手に治療ができる子と泣いたり暴れたりしてしまう子の割合は半々です。
なかなか上手に治療できないお子様でも、できる限り治療させていただいています。進行の早い乳歯の虫歯はフッ素や進行止めのお薬で様子をみているうちにも悪化してしまう事も少なくありません。むしろ、ほとんどのお子様か最初は上手にできなくても治療を重ねる事により、治療が痛くない、恐くないと理解し、だんだんと上手にできるようになる事が多いです。


治療は動いてしまうとお子様が危険なため経験のあるスタッフがタオルや安全ネットを使用し、安全を確保しながら治療をすすめています。もちろん保護者の方がそこまでご希望でなければ行いません。お子様の性格や気分を相談しながら治療方針を決めて行きましょう。がんばったお子様には治療の最後に《ガチャポン》ができます。

4人の子供を1本も虫歯にしていない院長の予防法!

4人の子供を1本も虫歯にしていない院長の予防法!

  • 第1位食事

    とにかく食事です。炭水化物や甘いお菓子が多いお子さんは、歯磨きしていても虫歯になります。まずは、食事と食事の間の時間をしっかり取ることが大切です。

  • 第2位フロスを必ず使う

    歯の表面は本人でも大体は磨けます。虫歯のほとんどは歯と歯の間です。必ず何度か通して汚れを取りましょう!

  • 第3位低濃度のフッ素を毎日使う

    ジェルでも洗口剤でも構いません。とにかく毎日使うことです!毎日使うことで、風邪など体調を崩し磨けない日が数日続いても虫歯になりません。

虫歯予防

虫歯予防

歯磨き

一番重要な予防法です。お子様は自分自身でお口の中の汚れをすべて落とす事はなかなか出来ません。できれば小学生のうちは保護者の方の仕上げ磨きができると良いですね。しかし、お子様も成長すると、なかなか仕上げ磨きをさせてくれなくなります…。
せめてお子様がしっかり2~3分程度歯磨きをする姿を確認してあげて下さい。又、嫌がってなかなか磨かせてくれない小さいお子様にはまず、保護者の方自身が楽しそうに歯磨きする姿をお子様に見せてあげることが大切です。見ているうちに自分から歯ブラシを持ちたくなるお子様が多いです。

歯ブラシ

お子様の歯ブラシは食べカスや歯垢(プラーク)を落とすことが目的です。ある程度のブラシの硬さが必要です。又、大人の方も同じですが、毛先が開いてしまうと汚れが落ちなくなりますので、月に1回は新しい物に変えるようにしましょう。

フロス(糸ようじ)

一番おすすめしたい歯磨きグッズです!最近のお子様は顎(あご)も小さく歯と歯の間に隙間がないため、食べ物がつまりやすく歯ブラシでは落とせない汚れも多いです。1日1回、寝るまえは使用しましょう。

フッ素

虫歯予防としてよく知られています。予防効果はとても高いです。単にフッ素といっても色々な物があり年齢に応じて合うものを使用する必要があります。当院では3ヶ月に一度、歯科医院でしか塗れない高濃度フッ素の塗布をおすすめしています。又、ご自宅でも毎日使っていただけるジェルや洗口剤もありますので、お気軽にご相談下さい。

シーラント

奥歯の奥の溝は見た目以上に細く深いため、がんばって歯磨きしているつもりでも汚れが残ってしまい、虫歯になってしまう事もあります。これを予防するために歯の奥の溝にフッ素の含まれる樹脂を詰めて虫歯を予防するお薬です。特に生えたばかりの6才臼歯は磨きづらいですし、虫歯になりやすいのでおすすめします。

キシリトール

毎日適量を摂取することにより虫歯になりにくいお口の中の環境にすることができます。小さいお子様から大人の方まで食べやすいようにガムやタブレットなど色々な物があります。最近では妊娠中から摂取することにより産まれて来るお子様が虫歯になりにくくなるという話もよく聞かれるようになりました。最も手軽にできる虫歯予防なので是非とりいれたいですね。

診療科目

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 虫歯治療
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • mrc小児予防矯正
  • 歯周病治療
  • ホワイトニング
  • 歯のクリーニング
  • セレック治療
  • マタニティ外来
  • 保育士のキッズルーム
  • はる歯科クリニックのイベント
  • 食育について
  • 治療費について
  • 患者さまの声
  • キッズルームブログ
  • Facebook
  • Facebook
  • Instagram
  • Instagram
  • 歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました。

ご予約・お問い合わせはこちらまで!お気軽にご予約・ご相談ください 046-855-0826

ご予約・お問い合わせ

タップで電話する