BLOG こども好き歯医者さんブログ children's favorite dentist's blog

お子様の治療を始めるにあたって

2017.5.26

haru

~保護者の皆様へのお願い~

 

お子さんが歯医者さんで治療を受けるのは、自然にできるようになるものではありません。

また、年齢が上がってきたからできるようになるものではありません。

習い事と同じ、経験を積み重ねていき、少しずつできるようになるものです。

歯医者さんを嫌いになったり苦手になると、治療がスムーズに進まないだけでなく、ゆくゆくは将来の歯の健康にも影響してしまいます。

そうならないためにも、お子さんと身近にいる皆さん一緒に、お子様が歯の治療を受けられる環境を整えていきましょう。

 

☆歯医者さんに来る前に注意していただきたいこと☆

★嘘をついて連れてこないでください

・「○○に行こう」と嘘をついて歯科医院に連れてきてはいけません

・「何もしないから」「見てるだけだよ」「痛くしないからね」などは言わないようにしましょう

 

★怖がらせたり、驚かせたりしないでください

・お子様の前で、自分が歯科医院で受けた「痛かった体験」などを話すのは避けましょう

・「良い子にしていないと歯を抜かれちゃうよ」「言うことをきかないと注射してもらうよ」など、お子様を驚かすようなことは言わないようにしましょう

 

お子様には何気なく「今から歯を直しに歯医者さんへ一緒に行くよ!」と言うように簡単な知らせに留めて来院するようにしてください(^_^)

 

☆来院の際に☆

●満腹状態での受診は避けましょう

●汚れてもいい服で来てください

●予約時間を守ってください

●受診前に歯磨きとトイレは済ませておきましょう

 

☆治療を受けるトレーニング☆

はじめて歯科治療を受けるお子様には、可能な限りステップを踏んで治療を行っていきます。

例えば、お口の中の水を吸ったり、器具をお口に入れるなど、治療に必要なことをひとつずつ小さな目標としてクリアしてもらい、トレーニングを重ねながら歯科治療を受ける準備をします。

 

☆誉めてあげてください☆

治療が終わったら歯磨きが上手にできたときには、たくさん誉めてあげましょう!!

 

《むし歯は最後までしっかり治療し、治療後は定期健診を受けましょう》

 

院長 富山幸太朗

本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります
本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります