初診予約 初めてご予約いただく方はこちら LINE 歯並び無料相談

BLOG こども好き歯医者さんブログ children's favorite dentist's blog

熱中症とむし歯。

2016.6.20

はる歯科クリニック

今日も蒸し暑い朝になりましたね。

今週はすっきりと晴れないものの、30度近くの最高気温になるとのことで、テレビのニュースでも『熱中症』という言葉を多く聞くようになりました。

晴れていなくても、室内でもなるという『熱中症』。

その熱中症とむし歯の関係もよく言われるようになっているのをご存知ですか??

 

なぜむし歯と結びつくかというと、熱中症対策に飲まれる「スポーツ飲料」との関係です。

よく飲まれているさっぱりとさわやかな風味のスポーツドリンクにも、意外とたくさんの糖質が含まれているのです。

500mlのポカリスウェットに含まれる砂糖の量は、なんとスティックシュガー11本分‼

スゴイですね…”(-“”-)”

そう聞くととっても甘ったるそうですが、さっぱり飲みやすいですよね。ただ最後に甘ったるさが残ってまた飲みたくなる。

500mlあっという間に飲めてしまいます。

運動時のエネルギー補給の意味で糖分は役立ちますが、就寝前に飲んでそのまま寝てしまったり、ダラダラと長時間にわたって飲み続けたりすると、虫歯菌を増やす原因になってしまうのです。

虫歯菌は糖分を摂取し、酸を作って歯を溶かします。虫歯菌の酸は唾液が中和してその働きを弱めまするのですが、そこにクエン酸やアミノ酸などの酸を含むスポーツドリンクが加わると唾液の中和作用が弱くなって、口の中は酸性に傾き、虫歯菌の働きを後押しするため、歯が溶かされやすくなるそうです。

糖分が多く含まれていない「イオン飲料」などでも、歯の表面のエナメル質が溶け始めるため、イオン飲料が口の中に留まっていると「虫歯の原因になりうる」とも言われているそうです。

過度な運動にはスポーツ飲料などで熱中症予防をするには効果的ですが、麦茶でも十分な水分補給になるとのことなので、その時に応じて飲み分けたり、面倒でもスポーツドリンクを飲んだあとに口をすすぐだけでも虫歯になりにくくなるそうなので、少し心掛けてみてくださいね♪

はる歯科クリニック

はる歯科クリニックです! 当院は『お口の中から全身の健康へ』を理念とし、 来院してくださる患者さまの虫歯や歯周病を治すだけでなく、そうならないための健康教育、 生涯の健康管理パートナーとしてお付き合いさせていただきたいという思いで日々診療を行なっております。 お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。