BLOG こども好き歯医者さんブログ children's favorite dentist's blog

口呼吸を治そう! Part2

2018.1.30

haru

昨日のブログで、呼吸とは本来、鼻から息を吸い、鼻から吐く呼吸が正常な状態であることをお伝えしましたが、今日はでは何故口呼吸がいけないのか…に迫ってみましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口呼吸は万病の元

 

 

●口や喉の乾燥

・だ液の分泌が悪くなり、虫歯や歯周病になりやすい

・口臭やいびきの原因にもなる

・喉のリンパが炎症を起こしやすくなる

・体が緊張状態と勘違いして、睡眠中も体が休まらない

 

 

●免疫機能の低下

・風邪をひきやすくなる(自立神経を乱す)

・アトピーや高血圧、喘息やアレルギーなどが起こる引き金となる

 

 

●舌や口の筋力の低下

・舌の位置が正しくないと、前歯を舌で押す状態になるため「ポカン口」になったり、歯並びが悪くなる原因にもなる

・顔のたるみ、しわ、二重あごの原因になる

 

 

このように、口呼吸をしていて身体にいいことは何一つありません。

 

 

当医院では、口呼吸を改善し、鼻呼吸へと誘導する治療に積極的に取り組んでいます。

お気軽にドクター・スタッフまでご相談ください。

 

 

「お口の中から全身の健康へ」

 

はる歯科クリニック(855-0826)でした♪

院長 富山幸太朗

本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります
本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります