BLOG こども好き歯医者さんブログ children's favorite dentist's blog

おっぱいは「噛んで食べる」予習です

2017.11.14

haru

赤ちゃんは母乳やミルクを飲んで大きくなりますが、母乳を飲むことは噛むことを覚える意味でも、最高の訓練となります。

 

おっぱいを飲みことが「噛んで食べる」予習となるのです。

 

☆筋肉の発達☆

おっぱいを飲むことは、口の周りの筋肉や頭の脇の筋肉をしっかり使うため、咬筋側頭筋など噛む筋肉を発達させます。

 

☆舌を正しく使う☆

おっぱいを飲む時、赤ちゃんは舌を乳首に巻きつけ、舌全体を上あごに押し付けるようにしていて、口の中を陰圧にして強い力で吸引します。

舌を正しく使う訓練にもなり、正しい嚥下(飲み込むこと)の仕方を学ぶのです。

 

☆鼻呼吸☆

母乳を飲む時、赤ちゃんの口は完全にふさがっています。

自然に鼻呼吸が身につくのです。

 

☆あごの運動☆

一日に母乳を飲む回数は、新生児期ならなんと8回!

体が大きく成長する時期にたっぷりあごを動かすので、あごもぐんと成長します。

 

参照:わかば出版 「歯並びのよい子に育てるために」

院長 富山幸太朗

本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります
本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります