BLOG こども好き歯医者さんブログ children's favorite dentist's blog

赤ちゃんの口の発達を促すために☆

2019.1.10

haru

赤ちゃんに離乳食をあげる時、「いつも左側から」「いつも右側から」など、

偏った方向からスプーンを口へ運んでいませんか?

それが将来の歯並びに影響します…💦

 

 

 

赤ちゃんの顔の正面からスプーンを持っていきましょう♪

 

赤ちゃんが偏った口の開け方になるのを防ぐために、「正面から」が基本です☆

 

☆下唇をツンツンして、赤ちゃんが口を開けるのを待ちましょう。

☆赤ちゃんがパクッと食べたら自然にスプーンを引き出す。

スプーンは口の奥に入れる必要はありません。

下唇あたりにスプーンを置いて、そのまま台の上に離乳食を置いてあげましょう。

 

スプーンを上あごになすりつけないように気をつけましょう。

 

赤ちゃんの口のまわりをチョンチョンと、たくさん触れてあげてください。

刺激を受けて、口を閉じる練習になります。

赤ちゃんの頃からお口ポカンを防ぎ、鼻呼吸の習慣をつけて健康な身体を作りましょう😊

院長 富山幸太朗

本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります
本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります