BLOG こども好き歯医者さんブログ children's favorite dentist's blog

卵の殻とフッ素

2016.4.21

haru

皆さん、こんな実験を見たことがありますか?

卵の殻は、歯と同じくカルシウムでできています。

生卵の殻の半分の部分にフッ素を塗って、もう半分の部分はそのままの状態で

酸性のお酢の中に入れます。

 

すると、あれよあれよという間に、フッ素を塗っていない側が溶けていきます。

 

これが自分の歯だとしたら……(;^ω^)

 

食事やおやつ、ジュースなどで酸性になった口の中で

歯が溶けてむし歯になる仕組みがよくわかります。

それとともに、フッ素を塗った側の殻はほとんど変わらず。

 

歯にフッ素を塗るとこんなにむし歯予防の効果が期待できるのね、と

お子さんにもわかりやすい実験です。

 

実際に見ると、びっくりしますよ~♪

 

院長 富山幸太朗

本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります
本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります