BLOG こども好き歯医者さんブログ children's favorite dentist's blog

鼻呼吸、できていますか?

2016.9.5

haru

口呼吸はなぜいけない?

 

私たち人間は、鼻と口のどちらでも呼吸ができるようにできていますが、通常は鼻で呼吸する生き物です。

しかし、アデノイドや扁桃腺炎、鼻炎性アレルギーなどで鼻が詰まっている場合、日常的に口呼吸せざるを得ません。

その口呼吸が、歯並びにも悪影響を与えてしまうのです。

上下の前歯が口の中で正しい状態を保つには、内側からの圧力(舌の動き)と外側からの圧力(口周辺の筋肉)が、ちょうどいいバランスで前歯にかかっていることが大切です。

ところが、口呼吸をする子はいつも口が開いた状態になるため、口を閉める動きをする口輪筋のしまりが悪くなり、前歯を押さえる力が弱くなります。

そのため、前歯には下の圧力だけが一方的にかかってしまい、前突(出っ歯)や開咬(前歯が噛み合わない)の原因になるのです。

 

参照:わかば出版「歯並びのよい子に育てるために」

 

院長 富山幸太朗

本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります
本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります