BLOG こども好き歯医者さんブログ children's favorite dentist's blog

おやつのとり方を変えよう!!

2018.3.16

haru

コンビニやスーパーに行くと、お菓子コーナーに立ち寄ることが習慣になっていませんか?市販のお菓子は手軽でとても美味しいですよね!一度その味を覚えたら、なかなか止めることはできないように企業によって工夫され、旨味や甘味が強い自然界にはない濃い味に作られています。

 

 

 

 

成長期の子どもに市販のおやつが必要なのでしょうか?

 

市販のおやつには多くの化学薬品が添加されていて、たくさんの砂糖も使われています。

 

砂糖は骨や歯を溶かし様々な病気の原因となります。

 

コンビニやスーパーなどの店頭に並ぶ加工食品。

 

便利で魅力的なものですが、このような食品に含まれている「食品添加物」について考えたことはありますか?

 

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。

 

食品添加物の定義や規制は、国によって異なりますが、国ごとに認可されている「化学合成添加物」を比較したデータによると、日本は351品目、アメリカが133品目、ドイツが64品目、フランスが32品目、イギリスが21品目と日本の数字が飛びぬけて多いことが分かります。

 

この数字を見れば市販のおやつを積極的に購入し、バクバク食べようとは思わないかと思います。

 

 

おやつを買うなら、食事を補うものに変えてみませんか?

 

はる歯科クリニックがおススメするおやつがフルーツです☆

 

自然のものでビタミンやポリフェノールが摂れます♪

 

さらに凍らせることで栄養価が高くなるものもあります(^-^)

 

アイスの代わりにフルーツシャーベット…おやつに最適です♡

 

 

 

院長 富山幸太朗

本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります
本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります本文が入ります