初診予約 初めてご予約いただく方はこちら LINE 歯並び無料相談

BLOG こども好き歯医者さんブログ children's favorite dentist's blog

お口の知識

こどもの歯科矯正はいつからはじめるべき?年齢別の矯正治療方法や費用相場とは

2022.03.23

はる歯科クリニック

こどもの歯科矯正はいつからはじめるべき?年齢別の矯正治療方法や費用相場とは

こんにちは!

神奈川県横須賀市林にある、はる歯科クリニックです。

歯科医院によって歯科矯正治療を勧める時期が異なり、「こどもの歯科矯正治療はいつからはじめればいいのだろう……?」と疑問に思っている親御さんも多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、こどもの歯科矯正治療はいつはじめるべきかどうかや、年齢別の矯正治療方法や費用相場についても紹介していきます

はる歯科クリニックは、『こどもたちに生涯健やかな人生を送って欲しい』という想いをもち、こどもの歯科矯正治療の多くの実績があります。そんなはる歯科クリニックでの矯正治療方法についても紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

こども歯科矯正はいつからはじめるのがベスト?

こども歯科矯正はいつからはじめるのがベスト?

こども歯科矯正の開始時期は、「永久歯が生え揃ってから」「なるべく早い方が良い」など歯科医院によって勧められる時期が違いがあり、迷われる方も多いかと思います。

不正咬合の種類によっては早めの対策をすることで、こどもを本来の成長に導き、歯に装着するような「本格的な歯科矯正治療」を避けられるケースもあります。たとえば、「受け口(下顎前突)」や「あごの横ずれ」がある場合は、永久歯が生える前(5歳程度)の乳歯列のうちになるべく早く対策をしてあげることが大切です

また以下にて詳しく紹介していきますが、はる歯科クリニックでは5歳からのこどもの早期の歯科矯正治療を行っていることはもちろん、0歳の赤ちゃんから歯並び対策ができる「ベビーデンタル」の取り組みも行っています

こどものときにはじめる歯科矯正の4つのメリットは?

こどものときにはじめる歯科矯正の4つのメリットは?

こどものときにはじめる歯科矯正には、主に以下のような4つのメリットがあります。

①歯並びに悪影響を与える「悪い習慣」が癖になる前に改善できる

「舌癖」や「口呼吸」、「頬杖」や「爪を噛む癖」などの、放置しておくと歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼす「悪い癖」が、習慣になってしまう前に改善していくことができます

②あごの発育や歯を移動をコントロールしやすい

成長期のお子さんは、あごの骨が柔軟です。そのため、あごを発育促進して大きさを整えたり、歯を移動させたりしやすいメリットがあります。

③抜歯を伴う歯科矯正治療を回避できるケースがある

通常、大人の歯並びを整える際には、歯を移動させるためのあごの「スペース」が足りない場合、矯正治療をはじめるにあたって「抜歯」を伴うケースがあります。

ですが、あごの発育をコントロールしやすいこどものときに、あごを拡大してスペースを確保しておけば、将来永久歯がきれいに並べやすくなります。

つまりこどものうちに対策をしておくことで、結果的に将来抜歯をして歯科矯正治療をする可能性を下げられるということです

④定期的な来院をするためむし歯予防にもつながる

歯科矯正治療中は、月に1回〜数回程度、定期的に歯科医院に通うことになります。そのため定期的にこどもの歯の状態をチェックするため、むし歯の有無を把握しやすく、結果的にむし歯予防にもつながります。

【年齢別】0歳からはじめよう!こどもの歯並び対策は早めがカギ

【年齢別】0歳からはじめよう!こどもの歯並び対策は早めがカギ

お子さんの歯並びが将来悪くならないか、心配している親御さんもたくさんいらっしゃるかと思います。

歯科医院によっては「こどもの歯科矯正治療は、永久歯が生え揃ってから」といわれた経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが、こどもの歯科矯正治療に力を入れている当院では「0歳」からお子さんの歯並びのために対策ができます

以下にて年齢別に、お子さんの歯並びのためにできることを紹介していきます。

【0~2歳11ヶ月】ベビーデンタルでお口や身体を育てるサポートを

ベビーデンタル

「0歳から歯並び対策?」と驚かれている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、1歳に満たない小さな赤ちゃんの頃から、お子さんの歯並びが悪くならないように「お口や身体を育てるサポート」を行うことができます。

本来、骨格や歯並びは、遺伝的に誰でも正しく成長します。ですが、産まれてからのお子さんの生活環境によって「間違った身体や口の使い方」が身に付いてしまうと、骨格が正しく成長できず、歯並びが悪くなってしまいます

超便利社会の現代では、お子さんがわずか1歳でも、これらの誤った身体の使い方によって、舌を中心としたお口まわりの筋肉がしっかり発育していない「口腔機能発達不全症」を発症することもあります

 

オーダーメイドプログラム

そこではる歯科クリニックでは、お子さん一人ひとりの発達段階に合わせた「オーダーメイドプログラム」を組み立て、お子さんの「お口や身体の機能を引き出す生活のポイント」や、「運動・遊び方」などを学んでいただき、お子さまが正しく成長するように、口腔育成サポーターとしてしっかり寄り添います。

【5~12歳】成長期だからできる!こどもを本来の正しい成長の軸に戻す

【3~12歳】成長期だからできる!こどもを本来の正しい成長の軸に戻す

10歳前後に成長期のピークを迎えるお子さんの成長に合わせて、こどもの歯科矯正治療をはじめることで、自然な流れで歯並びを整えていくことができます。というのも、こどもの場合はあごの骨や歯が成長途中のため、わずかな力でも影響を与えやすくなっており、歯科矯正治療がスムーズに進むメリットがあります

ここでは以下の2つのポイントにわけて、紹介していきます。

ポイント①|「矯正装置+トレーニング」の併用でお子さんの本来の成長へと導く

先程の「ベビーデンタル」では「育児サポート」を行いますが、5歳以降では「口腔機能発達不全症」により身に付けられなかった口周りの未熟な機能を取得するために、矯正装置と、トレーニングを併用して矯正治療を進めていきます

筋機能矯正装置の種類

はる歯科クリニックでは50種以上の矯正装置から、こども一人ひとりのクセ・年齢・歯並びに応じた歯科矯正装置を選択できます。さらに機能改善のためのトレーニングは、200パターン以上と豊富です

この年齢ではじめる歯科矯正治療としては、以下のような主に成長期を利用した、こどもの歯科矯正を中心に行います。

  • ●筋機能矯正・・・こどもの「歯並びを悪くする」悪い癖を改善する歯科矯正治療
  • ●拡大床、拡大装置による矯正・・・あごの成長を促進する歯科矯正治療
  • ●あごの成長を抑制する歯科矯正
  • ●あごを前方に引っ張る装置による歯科矯正

もちろんこれらに、機能改善のための「トレーニング」も併用します。また必要に応じて、「マウスピース、ワイヤー矯正」を行うケースもあります。さらにトレーニンググッズも豊富で、お子さんが一人でもトレーニングできるようなグッズもあります

トレーニンググッズ

★こちらの記事もチェック!★

受け口の矯正治療に適した方法は?受け口の原因・悪影響や予防策まで紹介
出っ歯はどう治す?放置するリスクや出っ歯の噛み合わせセルフチェックも紹介

ポイント②|こどもの歯科矯正治療以外にも!イベント体験で健康なお口や身体を育てる

ポイント②|こどもの歯科矯正治療以外にも!健康なお口や身体を育てるイベントが豊富

はる歯科クリニックでは、こどもの歯科矯正治療以外にも「健康なお口や身体を育てるイベント」が豊富です

たとえば4歳〜小学生までのお子さんなら、月に1回(60分)の「はるスクール」で歯や歯磨きについて学べ、お口を育てる口腔トレーニングの指導も受けられます。

★「はるスクール」の過去のイベント情報は、こちらをご覧ください。

ハルズキッチン

また、健康な歯や身体を作るために欠かせない「食育」にも力を入れており、通って頂いている方だけのキッチンスタジオ「HARU’S KITCHEN」もご用意しております。

食事を通して、食育やむし歯予防、歯科の離乳食、歯並びなど、お口のなかから全身が健康になるためのたくさんのことを学べる環境が整っています

さらに、はる歯科クリニックでは「HARU’S KITCHEN」で活躍する「管理栄養士」をはじめ、さまざまな専門知識を持つスタッフがおり、「歯科医師」「歯科衛生士」以外にも、「保育士」や「理学療法士・作業療法士」、「ヨガインストラクター」や「保健体育教員免許」を持つスタッフも揃っており、より専門性の高い治療を提供することができます。

 

∖∖「HARU’S KITCHEN」については、以下のボタンをクリック!!//

ハルズキッチン

【13~17歳】トレーニング併用!後戻りの少ない歯科矯正

口腔機能トレーニングのメリット

成長期を過ぎたこどもの場合は、成長を利用した歯科矯正は行えません。

ですがはる歯科クリニックでは、通常の歯科矯正治療に加え、後戻りを防止するために「13~17歳」の歯科矯正にも「トレーニング」を併用しています。これは後戻り防止以外にも、症状の改善も早く進むメリットもあります。

この年齢のこどもの歯科矯正治療の種類は主に、

  • ●マウスピース矯正
  • ●ワイヤー矯正

などを行います。

こどもの歯科矯正でかかる費用は?

こどもの歯科矯正でかかる費用は?

では、こどもの歯科矯正でかかる費用は一体いくらぐらいなのでしょうか?こどもの歯科矯正に使用する、主な矯正装置の料金相場は以下の通りです。

矯正装置名 料金相場 はる歯科クリニック料金

床矯正装置

10~40万円

筋機能矯正に含まれる

拡大装置

10~40万円

筋機能矯正に含まれる

筋機能矯正装置

30~50万円

63.8万円

マウスピース矯正

50~100万円

・前歯矯正44万円

・全顎矯正88万円

(※トレーニング料金・定期的な診察料・リテイナー料金含む

ワイヤー矯正 60~110万円

筋機能矯正に含まれる

こどもの歯科矯正では、こどもの成長を利用して「筋機能矯正装置」や「拡大装置」などを使用することも多いです。ですが、歯並び・噛み合わせの状態によっては、1種類の装置では対応しきれないケースもあります。

そうなると、1種類の装置だけなら費用を抑えられるケースでも、結果的に高額になることも考えられます

はる歯科クリニックの筋機能矯正「myosmile」では、50種類の装置のなかからこどもに最適な歯科矯正装置を選択しますが、はる歯科クリニックの料金設定には、他の小児歯科と違う点があります

それは、「筋機能矯正装置」や「拡大装置」「ワイヤー矯正」を含む対象の装置内であれば、仮に途中で装置を変更してもすべて総額料金「63.8万円」に含まれ、追加料金を心配せず安心して治療を続けられるということです

そのため、高額な追加料金がかかることを気にすることがなく、こどもの矯正治療に集中できます。さらに、定期的な通院時の診察料・トレーニング料金もこの総額に含まれています

★こちらの記事もチェック!★

歯列矯正の値段はどのぐらい?子どもや大人の歯列矯正の種類ごとに相場を紹介

まとめ

まとめ

こどもの歯科矯正治療は、こどもの成長期だからこそできる矯正治療でもあります。歯がスムーズに動かしやすく、あごの成長も促しやすいメリットがあり、将来抜歯するリスク回避も期待できます。

将来こどもが歯並びで悩まないためには、早めのうちに対策することが大切です

はる歯科クリニックでは、こどもの早期歯科矯正治療を行い、さらには0歳からこどもの歯並びを悪くするリスクを回避し正しい成長へ促す「ベビーデンタル(育児サポート)」も行っています

「こどものためにできることをしてあげたい」とお考えの親御さんは、ぜひ一度はる歯科クリニックにご相談ください。

LINE相談

また、まずは手軽に相談してみたいという方は、「LINE歯並び無料相談」も行っています

LINE相談

LINEの「トーク」から、ご自身やお子さんの歯並びについてのお悩みをお送りいただけますので、ぜひお気軽にご相談ください。なお、他の方にトーク内容は見られることはありませんのでご安心ください。

 

∖∖はる歯科クリニックについてもっと知りたい方は、以下のボタンをクリック!!//

はる歯科クリニック

はる歯科クリニックです! 当院は『お口の中から全身の健康へ』を理念とし、 来院してくださる患者さまの虫歯や歯周病を治すだけでなく、そうならないための健康教育、 生涯の健康管理パートナーとしてお付き合いさせていただきたいという思いで日々診療を行なっております。 お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • はてなブックマークはてなブックマーク
  • getpocketgetpocket
  • LineLine

最新記事をもっと見る